早朝6時にあえてピンサロに行くのもいい

【お客さんが自分しかいない】

ピンサロ店を貸し切りで使ってみたいというのは男の夢の1つですが、実際は費用の問題がありますので、極めて難しいと言わざるを得ないでしょう。ただ、それっぽい雰囲気を味わうだけであれば十分に可能です。早朝営業をしているお店限定ですので、それ程数が多い訳ではありませんが、そういったお店であれば事実上の貸し切り状態を楽しむ事ができます。具体的に言うと、朝の6時か7時といった時間帯になります。

皆さんもこの時間帯にお店を訪れた経験は殆どないでしょう。実際足を運んでみると、驚くほど人が少ないという事に気づかれるはずです。フロア内に自分1人だけなんていうのも当たり前です。一般の飲食店なんかですと採算が合わないので、この時間帯は営業していないという事が多いですが、ピンサロの場合は客単価がそれなりに高額になっているので、こういった時間帯であったとしても営業を開始する事ができます。

【真夜中は営業していません】

朝の6時にピンサロに行くのではなくて、それよりももっと早い時間帯の方が空いているのではという考え方もあるでしょう。もし、その時間帯に営業しているのであれば確かにその通りですが、法律で午前0時から午前6時までは営業してはいけないと決まっています。ですので、最も早い場合でも午前6時からになってしまいます。勘違いをして、それより前の時間帯に行かない様に注意しておいてください。

もっとも、お店の前で並んでいるだけであれば問題にはなりません。一番乗りをしたいというお客さんは殆どいませんから、おそらく自分1人だけで待つという形になるでしょう。なので、開店時刻の直前であったとしても問題ない事が多いです。もし、その日に2番手か3番手になってしまったなら、仕切り直しという事で何日かずらして再度来店しておいてもいいでしょう。もっとも、何人かと一緒であったとしても空席の方が大半ですから、貸し切り気分を堪能できるという事に変わりはありません。

【早朝割引になっている事が多い】

この時間帯はお客さんが少ないですから、ピンサロ店側としてもプレイ料金を割引してくれる事が多いです。皆さんが早い時間帯が苦手であればメリットはあまりありませんが、もし早起きが得意だというのなら、この時間帯にピンサロ通いをしておいてもいいでしょう。デメリットとしては、出勤している女の子の人数がかなり少なめになっているという所です。あまり好みの女の子がいないなと思うなら、早朝にこだわらない方がいいかも知れません。