川崎ピンサロA店で働いた感想

川崎ピンサロで働いた結果

川崎ピンサロバイトで体験入店

川崎ピンサロバイトの求人に応じて早速体験入店した私は、その日のうちにお客の相手をすることになりました。相手は30程度の男性で、奥のプレイルームで扉を開きました。男性は一目見て私のことを気に入りました。それはニヤニヤした表情以上に驚きの表情として表れまたのです。ピンサロ慣れしていそうな男性にも、私ほどの女性が来ることになるとは思わなかったのでしょう。ニヤニヤは1回クールな表情に戻り、客は格好悪いところを見せないように取り繕いました。しかし駆け引きにおいて圧倒的に上回る私は早速服を一枚脱いで、何もいわれないうちから挑発を初めて簡単に優位に立ったのでした。どの後の展開はまさに教科書通りのものでした。男性も私も裸になって一緒にシャワーを浴びる。その中で早速男性のイチモツに奉仕するという性的プレイを始めます。私はこれまでに何人もの男性に体を捧げる代わりにお金をもらってきたので、こういったときのプレイはお手のものでした。男性はこの段階でさっさと果てて、非常に容易にお金を稼ぐことができたのでした。川崎ピンサロバイトとしてこれだけ通じる私の実力は相当なものなのです。

川崎のピンサロで働く前に…

お金がなくなってしまった私は川崎ピンサロバイトの求人に応募します。まずは最高の写メを撮ってHPの応募フォームからそれを送信します。やはり私はある程度容姿に自信があるからこそ若くてキレイな女の子が多い、川崎ピンサロバイトに応募したわけです。男性を惹きつける性的な魅力がある、という自信があるから裸になって奉仕をしたいと考えたわけです。求人を出していたピンサロ店からはすぐに返信が来ました。今日中に来られるのならきてもらって面接をしたい、というものです。私はすぐにワンピースに着替えて川崎駅周辺の事務所に向かいました。そこでは他に待機をしているキャストもいましたが、私は彼女らに一瞥をくれるとにやりと笑い、女としての可愛さで勝ったなと悟りました。噂ではモデルやレースクイーンといった女の子がいると言われていたピンサロ店ですが、その中でも大きな存在感を示すことができたのです。もちろんそこにいる他の女性キャストもそれに気づき、あからさまにタバコの煙を吐きかけてくるものもいます。私はそんな人達に構わずに面接をテキパキとこなし、無事に求人への合格を勝ち取りました。ただこれはまだ私の川崎ピンサロバイトでの成功の第一歩に過ぎないのです。