JDがピンサロで働き始める時間帯があります!

【大学の授業が終わるのは?】

昔の人は高校を卒業したら就職するというパターンが大半だった訳ですけど、年々大学に通う人たちの割合が増えていて、ピンサロでも女子大生をしている女の子が働いているケースが多くなっています。さて、彼女たちが出勤する時間帯ですが、どれ位が目安になっているかご存知でしょうか?大学でも高校と同じく授業が行われていますが、もっとも遅い時間帯でも午後6時までには、その日の授業が全て終わる形になっています。

ですから、彼女たちが働き始めるのは、それ以降の時間帯になる事が圧倒的です。ただし、1限目から5時限目まで全て出席する訳ではなくて、特定の授業のみ受けるという事が大学ではよくあるので、もっとも遅い場合が6時であると認識しておいてください。早ければ本人が選択した授業は全て終わりという事になりますから、その後直ぐに働き始めるなんて事もあります。この辺りは大学ならではですから、その点を理解しておきましょう。

【夜7時からがいよいよ本番】

6時ぐらいに授業が終わって、その後直ぐに働き始められる訳ではありません。帰りの支度をして電車に乗って…という流れがありますので、実際の所、夜7時ぐらいからピンサロ店内が女子大生で賑わっていきます。法律では、学校の直ぐ近くで風俗店を営業してはいけない決まりがありますので、少し移動しなくてはいけません。と言っても、電車で1駅とかバスで数分とか、最短でそれぐらいの距離ですから、特別に時間が掛かる訳でもないです。

働き始めるのがそれぐらいの時間帯だとすると、彼女たちがお店から出るのはどれぐらいなのか気になります。一応営業時間としては夜の12時までと決められていますので、最長であっても、そこまでになります。ただ、終電の都合もありますし、学校の授業の予習や復習などもしなくてはいけませんから、それよりも少し早い段階で仕事を切り上げるケースが多かったりします。午後10時とかその辺りが1つの境目と言えるでしょう。

【JDと楽しめるのは利点ですが…】

花の女子大生と楽しめる訳で、それは大きな利点になります。ただし、若い女の子が大学に行く割合が増えているので、そのブランドに興味がない男性にとっては、若い女の子と楽しめる機会が減っているという見方もできます。女子大生は卒業を機に、この仕事から身を引くケースが多いですが、その後も継続して働き続ける例もあるので、学生期間中に仲良くなっておくといいでしょう。接する期間が長いほど、その関係は濃密な物になっていきます。

JDの在籍が増加し続けているピンサロ

【学費の支払いのために働いている】

女子大生はピンサロ業界において1つのブランドになっていて、最近は省略してJDと呼称する事が多くなっています。まだ若い彼女たちが風俗の世界に飛び込んだのは何故なのかという感じですが、学費を支払うためという理由がとても多いです。昔に比べて大学に通う人たちは随分増えました。ですが、親が裕福ではない家庭も少なくありません。どうにかして学費を稼ぐ手段として、風俗が候補に挙がるのは自然の成り行きです。

私立なのか国公立なのかでも違ってきますが、入学金と授業料だけでも200万円以上になるのは当たり前です。これに加えて一人暮らしをする必要があるのであれば家賃代や食費等掛かる訳で、合計金額がいかに多くなるかがお分かり頂けるはずです。一般的なアルバイトをしながら頑張る学生も存在してはいますが、勉強時間を削らなくてはいけないので賢明な選択とは言えません。まともな考え方ができる女の子なら、どうすべきかは容易に想像がつくでしょう。

【基本は18歳から22歳まで】

普段何気なく女子大生ピンサロ嬢と楽しんでいるかも知れませんが、何歳ぐらいの女の子なのかご存知でしょうか?彼女たちは最も若い場合18歳で、大学は基本的には4年間通うものですので、22歳までという事になります。ただし、留年する事もありますし、それなりの年齢になってから入学するという事もありますので、大学生だからといって絶対に18歳から22歳までと言い切れる訳ではありません。

また、もう1つ知っておかなくてはいけない事として、大学生には短大生も含まれているというのがあります。短大は基本的に2年間通いますので、18歳から20歳までになります。現在の日本の法律では18歳未満の女の子は風俗店で働く事ができない仕組みになっているので、残念ながら高校生と楽しむ事はできませんが、大学生はそれより少し年上になるとは言え若いですから、ピンサロ風俗を楽しむ上で申し分ないのではないかと思います。

【大学名は非公表が圧倒的】

単に大学生とピンサロで楽しめれば良いと考える男性客もいますが、中にはその在学している大学そのものに強いこだわりを感じている方もいらっしゃいます。そういった事が風俗情報サイトに掲載されていると有り難いのですが、残念ながらそこまでは書かれていないのが大半です。有名大学とかお嬢様学校等の記載がされている事はありますが、精々その程度です。どうしても学校名について知りたいのなら、女の子に直接質問するよりないというのが現状になっています。

学生街周辺のピンサロは女子大生が多くなる

【大学から少し離れた駅前のピンサロ】

年齢層的に比較的若い女の子が多いのがピンサロです。職業で言うと、いわゆる女子大生が多いのですが、その関係で大学周辺のピンサロは、そういった立場の女の子で溢れています。とは言っても、直ぐ近くの駅前のお店という感じではなくて、少し離れた駅前のという感じになっています。直近の場所ですと誰に見られるか分からないので、女の子としても安心する事ができません。バレを回避するために少し離れた場所で働くのが一般的です。

ピンサロで働いている女の子自ら女子大生であるとアピールしているケースもあるのですが、バレてしまうリスクが予想以上に高いため、そういった事を前面に押し出していない事が多いです。サイトを見ても年齢ぐらいしか書かれていなくてつまらないと思うかも知れませんが、逆にそういう目立たない女の子が可愛い女子大生だったなんて事があるので、軽く見ない様にしてください。

【そこまでバレを警戒する理由】

大学生は女の子はもちろんですが、当然ながら男子学生も存在しています。彼らは20歳前後ですから、性欲が凄まじいことになっているというのは理解できるはずです。当然ながらピンサロの利用も十分に考えられる所でしょう。公式サイトというのは、お金を全く支払わなくても誰でも簡単に閲覧できる仕組みになっています。ここから女の子が働いているのがバレてしまう例が多いので、安易に情報公開できない状態になっているのです。

【働く期間は4年未満が多い】

大学生は基本的に4年間で卒業して行きます。その間だけお金を稼げればいいやという感じでピンサロで働いている女の子が多いので、結果的に最長でも4年の勤務年数で卒業する形が多いです。辞める前の段階で顔馴染みのお客さんにお別れをするという事もあるのですけど、何も言わずにさようならというパターンがとても多いですから、お客さんとしても警戒しておく必要があります。近々退店する予定があるかどうか、直接聞いておくのもいいでしょう。

ストーカー予備軍扱いをされているのなら別として、そうでない場合は本当のところを教えてくれるはずです。女の子に信頼されているかどうかによって、伝わる情報の質は大きく変わってきます。大学卒業という事になりますと、当然ながら一般の会社に就職する形になるのですが、上手く適応できるかどうかはかなり微妙です。風俗業界で働いた女の子は大金を稼ぐ事に慣れきってしまうので、一般の会社の賃金の少なさとストレスの大きさに耐えられない事が少なくありません。