ピンサロ嬢を相手に絶対にしてはいけない本番行為

【法律違反になってしまいます】

ヘルスよりもずっと安いプレイ料金で、ヘルス並みの楽しみ方ができるピンサロは若い男性を中心に大変な人気があります。ですが、プレイ時にしてはいけない行為もありますので、それを知った上で女の子とプレイしなくてはいけません。これだけは絶対に憶えて欲しい事柄として、本番行為はしてはならないというのがあります。ただ、本番と言っても、それが何を指しているのか、よく知らないという男性もいらっしゃるでしょう。

ここでの本番の意味ですが、陰茎を膣内に挿入する事を指しています。ピンサロで本番行為に及ぶという事は、あまり多くありませんが、可能性としてはあり得ますので、注意する様にしてください。もし、挿入が確認されてしまえば、売春防止法違反という事で逮捕されてしまう可能性が高いです。お互いが合意の元でやっているのであれば起訴される可能性は低いですが、そうでなければ強姦罪が適用されるという事もあるので注意しなくてはいけません。

【もし本番をしてしまった場合は…】

基本的に禁止されている本番行為をピンサロで行った場合、その後にどうなるかですが、警察関係者に現場を目撃されてしまった場合は現行犯逮捕されますし、被害を受けたと女の子やお店側が警察に届ければ、パトカーがやってきて逮捕されてしまいます。ただ、お店側が問題視をしなければそのままお咎め無しになる事が多いです。一応ルールで禁止という事になってはいても、お店によっては人気獲得のために黙認しているケースが少なくないからです。

ただし、この対応に関してはお店によってかなりバラツキがあって、罰金100万円などと勝手に設定をしている事もあります。これの支払い義務は法的にはありませんが、お店側が強気できた場合は、半強制的に支払わされる可能性も少なからずあります。また、それとは別に、出入り禁止になってしまうという事もあるでしょう。こちらの方がむしろ一般的な対応になります。何れにしてもいいことはありませんので、どんな事になるかを理解しておきましょう。

【同じ挿入でもフェラは問題無し】

挿入してはいけないという部分が強調されがちですので、フェラチオも良くないのではないかと考える男性客もいるでしょう。口の中に挿入をする行為だからです。しかし、これは先程の本番行為とは区別されます。全く問題ありませんのでしっかり楽しんでおいてください。粘膜が接触しますので性病に感染する可能性は多少あります。気になるのであればゴムフェラしてもらっても構いません。ただ、そういった楽しみ方をするお客さんは全体的に見て極少数です。