店内が薄暗いピンサロならではの利点とは?

【相手の記憶に残り辛い】

初めてピンサロ店に訪れた男性客の多くが感じることとして、店内が薄暗いというのがあります。何とか相手の顔を認識する事ができますが、細かい部分に関してはよく分からないという感じです。ここで読書をするなんて人は殆どいないでしょうけど、それも極めて難しいはずです。こちらから女の子の顔がよく分からないのは残念かも知れませんけど、相手側からしてもこちらの顔がよく見えていないので、バレずに風俗を利用したい男性にとっては好都合です。

店内が暗くなっているだけではなく、お客さんの数がとても多いというのがピンサロならではの特徴ですので、どんなお客さんが相手だったか益々分からなくなってきます。性風俗店の利用に対して抵抗感を感じない男性も相当増えてきましたけど、誰にも知られずに楽しみたいと考えている人も多くいます。女の子と対面せずに楽しむ事はさすがにできない訳ですが、こういった環境であればある程度安心していられるのではないでしょうか。

【お礼日記も書かれない】

少しでもお客さんに気に入られたいと考えるのが、普通の風俗嬢です。そのためにいわゆるお礼日記を書くことが多いですが、ピンサロは相手の印象が残りにくく、接客人数も多いため、一人一人にお礼を書くというのは極めて難しいです。ここに書かれると、明らかに相手に認識されているという事になってしまいますので、これが気になってしまっている男性客もいます。かといって「書かないで」とお願いするのも相手側に悪いと考えるので、それも難しい訳です。

ただ、どうしても心配するのであれば、そういった事を相手側に伝えておいてもいいでしょう。最初の段階で日記を書いているかどうか確認する様にしておけばいい訳です。もし、そこで書いていないというのであれば会話を終わらせてしまって構いませんし、お礼日記の類を書いているのであれば、自分の今日の接客の事に関しては書かないでと伝えておけばいいだけです。そのくらいの事で嫌われるという事はまずありませんので、あまり気にしない様にしてください。

【何度もリピートしなければ万全】

いくら印象に残りづらいピンサロとは言え、常連と言えるほど何度も通っていれば、女の子にも認識されてしまう事になるでしょう。ですから、それを避けたいのならば、同じ店舗の利用は程々に留めておくべきです。幸いな事にピンサロ店は各地に多数存在していますので、そちらの方で楽しめば十分でしょう。ただ、オキニの女の子が特定の店舗にいると、そのやり方ができませんので、その場合は仕方ない事として妥協するのも選択肢になります。