ピンサロではマンツーマン接客が基本?

【一人の女の子が付きっ切り】

花びら回転と対照的な接客の方法がマンツーマン接客です。マンツーマンという言葉をご存知でしょうか?これは、1人のお客さんにつき1人の女の子が対応するという意味になります。ピンサロではいわゆる花びら回転と言われる接客の仕方がよく知られています。何人かの女の子が入れ替わりつつお客さんの相手をするという物ですが、それとは別にマンツーマン接客が行われているのが普通です。最初に選択をする事ができますので、お好みで選んでおいてください。

例えば20分間のプレイだとすると、花びら回転の場合は前半の10分と後半の10分で女の子が入れ替わります。マンツーマンの場合は始めから終わりまでの20分間全てが同じ女の子になります。気に入らない女の子の場合は退屈な時間を過ごしてしまう事になるので、ある程度お気に入りの女の子がいる段階でマンツーマン接客にしてもらった方がいいでしょう。費用的にはどちらも差は無いと考えてください。

【せっかくだからロングコースで】

それなりに気に入っている女の子だからこそマンツーマンで対応してもらいたいと思う訳で、せっかくですからロングコースにしておいてもいいでしょう。ピンサロは2、30分のコースが基本として用意されていますけど、それとは別にロングコースも選べることがあります。時間的には先程の倍くらいになっている事が多いので50分とか1時間ぐらいになります。これぐらいの時間があれば会話もゆとりをもってする事ができるでしょう。

女の子に会う前の段階で、ある程度時間の配分をどの様にしておくか考えておくべきです。全体を3分割して、前半と後半を会話に充てて、中盤にプレイをするなんていう風にしてみてもいいでしょう。この辺りを曖昧にしていると時間が足りなくなってしまったり、逆に余ってしまう事になります。いくらプレイ料金が安いピンサロとは言っても1分あたり200円ぐらいはしますから、できるだけ合理的に楽しんでおく事を意識しておいてください。

【女の子にとっては嬉しい指名の仕方】

マンツーマンで楽しみたいと言われる側であるピンサロ嬢は、とても嬉しい気持ちになります。他の女の子と一緒の扱いではないですから、特別感を感じることもできるでしょう。これによって、お客さんである皆さんが好かれる事にも繋がっていきます。自分の事を好きでいてくれる人を好きになりやすい法則の様な物が存在しています。もし、気に入っている女の子に好きになってもらいたいなら、マンツーマン接客をお願いしておいてください。