ピンサロ店内での温度調整は難しい

【個室になっていないので】

春や秋ですと気温の方も安定していますから、暑くもなく寒くもなくといった感じですけど、夏や冬なんかはそうはいきません。冷房や暖房が欠かせ無いという事になるでしょう。ピンサロ店内も季節の影響をそれなりに受けています。夏であればもちろん冷房が効いていますが、皆さんにとってそれが快適な温度なのかどうかはかなり微妙です。人によっては寒過ぎて仕方がないなんて事もあるでしょう。

これは、ピンサロがそれなりの広さのフロアでプレイが行われるためです。一般的な風俗では完全個室になっていて、それぞれの部屋にエアコンが1台用意されています。しかし、ピンサロは個室にはなっていないので、エアコンの温度を自分好みに合わせるなんて事は原則できません。他のお客さんの都合もありますから、そういった権限があるのは店員さんのみという事になるでしょう。

【温度調整できる服装にしておく】

せっかく気持ち良くなりにピンサロに来たのに、エアコンがガンガンに効いていて冷え過ぎていて、プレイに集中する事ができない様では大変です。ですから、できる限り温度調節が可能な服装にしておく様にしてください。この様なケースでは、できるだけ厚着をしておくという具合です。暑過ぎるなと思ったら脱げばいいだけですから、非常にやり易いでしょう。これなら他のお客さんたちにも迷惑をかける心配がありません。

もっとも、裸になってお互い楽しむのがピンサロですから、ある程度、室内温度は高めにしてくれている事が多いです。余程我慢できない場合は店員さんに温度を変えて欲しいとお願いしてもいいでしょう。この際ですが、女の子経由で伝えておくのがオススメです。本人が直接言うのは、さすがにおこがましい感じがしてしまいます。女の子がそこまで言うならという理由で、少しくらいであれば温度を変えてくれるかも知れません。

【安さにはそれなりの理由が存在している】

プレイ料金の安さはピンサロにおいて最大級のメリットです。ただ、安値にはそれなりの理由が存在しています。こういった温度調節の難しさというのは、その1つです。何となく寒気がするとか、それとは逆に暑苦しいなんていうのも、ある程度は許容しておく様にしましょう。最初の段階では不快であったとしても、時間を置くことによってある程度慣れていく事ができますので、お店の中に入ったらとりあえず落ち着くという事も大切です。もし、それでもどうしようもないのであれば、他の風俗の利用を検討しておいた方がいいでしょう。