副業としてピンサロで働く女子が多い

【本業では稼げないのが現実】

専業でピンサロで働いている女の子がいるのはもちろんですけど、本業があって、それとは別に副業としてピンサロ嬢をしている女の子が多かったりします。その本業がどんな職種なのかですけど、アパレル関係、美容師、介護職員、飲食店員といった感じです。これ以外にも沢山ありますけど、主なものはこちらになります。関係なさそうで実は共通点があるのがお分かりでしょうか?これらは皆、一定のコミュ力が必要な仕事ばかりです。

その割に得られる給料が少ないのも特徴です。特に介護職員が過酷な労働条件で働いているというのはよく知られています。かと言って、完全に離職してしまうのもリスクが大きかったりします。なぜなら、この世の中は世間体という物が存在しているからです。介護職員として働いているのなら、頑張っているねと労ってくれる可能性が高いですが、風俗店で接客をしているとなれば、それだけで後ろ指を指されてしまいかねません。

【会話で本業について聞いてみる】

会話もピンサロの楽しみの1つです。そこで女の子たちに、ここ以外でどこで働いているか尋ねてみてもいいでしょう。最初の段階で当ててみるというのもオススメです。もしかして病院で働いてるんじゃないの?とか、どこかの会社で受付嬢でもしているの?なんて聞いてみる訳です。それぞれの職種ならではの声の出し方とか挨拶の仕方というのがあって、そのやり方を踏襲しているので、ある程度の予測であれば可能だったりします。

もし的中していたとすれば喜んでくれる事でしょう。ビックリされて嫌がられるという事はあまりないはずです。そこから、それを基点にして話を広げていくと会話が弾んで行きやすくなります。相手のプライベートに迫ることになるので失礼ではないかと心配されるでしょうか?しかし、本名であるとか住所を聞いている訳ではないので、特に問題はありません。適度に関心を持つことによって、逆に女の子から好感を持たれる可能性が高くなります。

【やがてはピンサロが本業になる】

今現在は本業があって、ピンサロを副業にしている彼女たちですが、1年か2年か経過するとピンサロの方が本業になっていたりします。それはやはり、こちらの方が圧倒的に稼げるからです。そうなってくれれば皆さんとしてもお店で会えるチャンスが広がるわけで、大歓迎ではないでしょうか?ただ、本業を辞める様に迫るのはよくありません。人は強制されると反発する性質があるからです。さりげなくこちらの方がいいよと、暗に仄めかす程度に留めてください。