セーフティーネットでもあるピンサロの仕事

【採用基準が最も緩いピンサロ】

昔は風俗の仕事というと、誰でも採用してもらえる物というイメージがありました。これは、特定のジャンルに限った話ではありません。ホテヘルでもオナクラでも、とにかくその様な感じになっていました。今は状況が激変していて、誰でも簡単にという感じではなくなりつつあります。少子化とは言え、ネットのおかげで求人に応募する女の子の数は増加傾向にあります。そのため、いわゆる買い手市場になっていて、採用されにくくなってきているのです。

女の子にとっては厳しい状況ですが、その中でも採用基準が緩めになっているのがピンサロになります。1人のお客さんの相手をしたらいくらではなく、1時間働いたらいくらという時給制になっているのが特徴です。余程酷い容姿であれば厳しいですが、人並み以下であったとしても採用される可能性は高いです。

【生活保護をもらう前にピンサロ嬢になる時代】

お金に困った時に生活保護を受給する人もいますが、ここ最近は受給に対する風当たりが強くなってきています。ですので、どうにかしてお金を稼ぐ必要がありますが、そんな時に選択肢になるのがピンサロです。これは、ある意味では社会のセーフティーネットとも言えるでしょう。週5日間働いたと仮定すると、生活保護で得られるお金よりも遥かに多い金額を稼ぎ出すことができます。金欠状態から脱するだけでなく、それなりにゆとりのある生活を送れるようになります。

【プレイ料金の支払いは生活支援でもある】

お客さんの側からすると、プレイ料金の支払いは女の子の生活を間接的に支援しているという見方もできます。お店に相当持って行かれてしまう現実がありますが、半分くらいは女の子の手取りになっているので、そう考えてみればお金を支払う事に対する抵抗感も少なくなってくるでしょう。もし、女の子にできるだけ沢山のお金を持っていってもらいたいと考えるなら、本指名してあげると良いです。以前遊んだ誰々ちゃんともう1回と名指しして遊ぶことをこの様に言います。

その場合、本指名料を1000円なり2000円なり支払う事になります。この金額は大抵の場合女の子に直接手渡されますので、より稼ぎが多くなります。ハッキリ言ってピンサロは重労働です。そこで働いている女の子に対して、感謝の気持ちを幾らか持っておいた方が良いでしょう。もちろんそれ相応のサービスを提供してもらっているので、お客さんと従業員という関係ではありますが、相手の苦労を労う気持ちで接しておいた方が良かったりします。大切にされていると感じれば、自然とお客さんに対するサービスの質も良くなっていくからです。