ロングコースなら焦らずにプレイできるピンサロ

【30分は正直言って短い】

ピンサロ店の中に入ると、まずはプレイの長さを選びます。店によっていくつか用意していますけど、最も短い時間ですと30分程度が多いです。料金的には6000円台といった所ですが、この時間は正直短めと言わざるを得ません。射精をしたら終わりと言えば極端ですけど、それも間違いではありません。とにかく経済性を優先したいと考えているなら、30分1択という感じになりますけど、それ以外の物を求めているならロングコースも検討すべきでしょう。

ちなみにロングコースですが、時間的には60分くらいが多いです。お店によってはショートとかロングという表現は使わずに、単純に時間の分数だけが示されている事もあります。これ位の時間ですと、ゆったり楽しめるのではないでしょうか?射精した後に、女の子と雑談を楽しむ事もできるはずです。ショートコースに比べると料金的には倍になってしまいますけど、急いで服を着て、帰り支度をしなくて良いというメリットは大きいです。

【間を取って45分という選択も】

30分は短過ぎるけれど、かと言って1時間だと支払い金額が大きくなり過ぎてしまうので抵抗があるというお客さんもいるでしょう。その場合、45分程度のコースを選択するという考え方もあります。全てのピンサロ店ではないですけど、かなりの割合で40分台のプレイ時間を選べるようになっています。料金的には丁度10000円になるかならないかといった所ですから、もし9800円程度でしたら少しだけ割安な気分を味わえるかも知れません。

【イクまでの時間を考慮する】

精液を出すのにどれくらいの時間が掛かってしまうのかは人によって差が大きいです。5分もしない内にという人もいれば、1時間近く掛かってしまうなんて方もいらっしゃるでしょう。早過ぎた場合は残りの時間が余ってしまいますので、よく考えておいた方が良いです。たまにしか利用する事の無いピンサロなので、奮発して長時間のコースを選択したがるお客さんは多いですけど、後になって冷静になった時に後悔してしまう可能性はかなり高いです。

性的な興奮度が高まると自然と気分が高揚してきます。そういう時に冷静な判断をするのはとても難しいです。最初の段階でショートコースにすると決めていたなら、それだけの金額だけ持って行くようにすると良いでしょう。多めにお金を持って行くと、コース選択の瞬間になった時に長い方を選んでしまいがちです。その時に大金を使ってしまえば、金欠になって以降の来店の頻度が下がってしまう恐れもあるので、よくよく考えておかなくてはいけません。