ピンサロの地域別の料金相場について

【ピンサロの相場は?】

一般的な風俗とは比べてプレイ料金が安いのもピンサロです。その料金シスムは全て前払い制、受付時に支払います。注意としてはカード払いが不可の店もあるので、なるべく現金を持って行くようにしましょう。

ピンサロンでの一般的な相場は30~40分あたり5000円~8000円。 地方になるほど相場が安い傾向にあり、ロングコースになるほどその分安くなるといったところもあります。そしてまた安いところにもなれば30~40分あたり2980円なんて場合も。一般的な風俗のプレイ料金が60分10000~17000円程度ですので、ピンサロは格段に安い風俗だと言えます。

ピンサロでは連続での射精も可能となりますので、連射すればするほど射精1回分の単価は下がります。その為、風俗一お得なプレイスタイルなのもまたピンサロなのです。

【地域相場】

先ほどピンサロの相場を言いましたが、もっと具体的に知りたいと言った方はこちらを目安にしてください。(30分~40分あたり)

・北海道 4000円
・関東 6000円
・東海 4000円
・関西 5000円
・九州 3500円

このように値段が高めなのが関東、安めなのが九州とピンサロの相場は地域によっても違いがあります。

【指名料金・延長料金】

ピンサロでは気に入った女性を指名できる制度もあり、指名料金は1000~3000円程度。なので普通に遊べば合計1万円でお釣りがくるものと考えるとわかりやすいでしょう。但し、花びら回転式のピンサロの場合、そのお店のスタイルによっては指名ができないこともあります。

短いコース選択が出来るピンサロですが、もう少し遊びたいといった方も一度外に出て入り直す必要はありません。もちろん混み具合や店の状況にもよりますが、ピンサロでは入店後に延長料金を支払えば時間を延長することも可能となります。基本的にどの店も延長は10分単位。値段は~1000円程度と考えるといいでしょう。

【オプションプレイ】

ピンサロで可能なプレイは、一般的に素股・アナル舐め以外のヘルスプレイですが、この他にもピンサロではオプションプレイが可能です。ですが、一般的な風俗よりもそのオプションの種類は少なめとなります。

基本的にどの店にもよくあるオプションは《ごっくん(精子)・即尺・ディープスロート》です。店によっては基本プレイでもある《69・クンニ・指入れ・》がオプションとなっている場合も。反対に最近のピンサロでは《トップレス・全裸・顔射精・アナル舐め・電マ・ローター》などの過激なプレイが楽しめる店もあります。

【短いコースはピンサロ独自のコース】

ネット社会の現代において、風俗では店のHPがあって当たり前な時代となっています。しかしピンサロでは、昔よりも少しずつ増えてきたとはいえ、まだまだ店舗のHPは少なくあまり情報が出回っていないのが現状です。

その為、通常の風俗よりも安く興味はあるものの、いくらお金を持って行けば遊べるのかさえもわからないといった方も。ピンサロに行きたくてもこういった理由から一歩前へと踏み出せず、ピンサロだけは行ったことがない!といった方も少なくありません。

とはいえ、通常よりも安くて気軽に遊べるのがピンサロの醍醐味です。そもそもピンサロが通常の風俗よりも安い理由には、他にはない短いコースがシステムにあるからとなります。

デリヘルやホテヘルの一般的なシステムと言えば、最短でも60分~が基本コースとなっています。それに比べてピンサロの場合は20~30分が最短コース。時間が約半分だからこそ、そのぶん他の風俗よりも安い料金で遊べるという訳です。

但し、延長時間やオプションなどを付けると金額は当然高くなるので注意しましょう。

【都会と地方ではピンサロ料金に差があるのか?】

ピンサロに限らず風俗では業種や形態によって、都会と地方では料金相場が大幅に違う場合があります。中でもピンサロは、地域によって大きく差があり、尚且つ店によっても大きく差がある独特な風俗です。

風俗と言えば全体的に都会が高め、地方が安めなのが基本的。しかし、ピンサロの場合は地方のピンサロが都会の店よりも料金が高かったりする場合も。他にも、ピンサロ激戦区では顧客争いを防ぐためにも、一種のコンセプトとして高い・安いがハッキリ分かれています。

逆にピンサロが過疎化している地域、例えばそのエリアにピンサロが1店舗しかないといった店では料金設定を高めにしていることも。地方だから安い、都会だから高い!ではないのがピンサロの料金相場です。

【ピンサロはいくらあれば遊べるのか】

全体的に見たピンサロの料金相場は、20~30分コースで5000~7000円です。しかし、店によってはこの金額ピッタリで遊べないこともあるのがピンサロとなります。

なぜピッタリで遊べないかというのも、店舗によっては指名料金がかかってしまう場合も
あるからです。指名できないシステムの多い花びら回転でなく、マンツーマンのピンサロの場合、気に入った女性を指名できる制度があります。タイプの子がいる、地雷を避けたい場合などの理由から指名する人も多いのもピンサロです。

ですから、そういった場合は基本料金にプラスして指名料金である約1000円がかかります。

そしてまた法律上飲食店扱いであるピンサロの場合は、飲食店として飲み物が出されます。フリードリンクの場合は基本料金にドリンク料金が含まれていますが、ビールを注文した場合は追加料金として別料金がかかってしまうお店も。

とはいえ、指名はしない・ビールは注文しないようにすれば、他の風俗よりも安い基本料金のみで遊べます。そして指名料やドリンク代含めて総額約1万円が財布にあれば足りると
言えるでしょう。(※ドリンクの飲み過ぎには注意が必要です)