風俗費用の節約のためにピンサロを活用しよう!

【風俗遊びはお金が掛かる】

一般的に風俗遊びには多大なお金が掛かります。デリヘルは代表的な風俗のジャンルになりますが、格安店でも1万円前後は必要になってしまいます。高級店になりますとたった1回のプレイで5万円とか、それぐらいを使うなんて事もあります。一般的な男性客がそう簡単に何度も利用できる様な業態ではありません。これはデリヘル以外のジャンルについても同様です。店舗型のSMクラブでも、ソープランドでも事情は殆ど同じになっています。

短期的に利用するのであれば殆んどの人は可能でしょうけど、数ヶ月とか数年単位の利用を前提とすると、かなり厳しくなってしまいます。安定したお給料を得ることができる仕事に就いていなければいけません。現代の日本は非正規のアルバイトが増加しているので、そういった前提条件を満たしていないのが普通です。年間換算では100万円ぐらいは風俗代として捻出したいですから、仕事探しの際は、そういった事を考慮した上で決めるようにしてください。

【ピンサロならフリーターでも通える】

アルバイトの事を別の言い方ではフリーターと言います。今はこちらの方がポピュラーになっていると言っていいでしょう。そんな彼らは正社員ではないのでデリヘルに定期的に通うのは難しいです。しかし、世の中にはそういった人たちでも利用する事ができる風俗が存在しています。いわゆるピンサロがそれにあたるのですが、こちらですと5000円から7000円位あれば最安のコースを選択できますので、週に数回程度であれば十分に利用できるでしょう。

仮に1回のプレイ料金が7000円とすると、週1のペースで通ったとしても1ヶ月28000円にしかなりません。これなら何とか自分でも支払えると思った方々が多いのではないでしょうか?働くと精神的にも肉体的にも疲れてしまいますが、ピンサロに通えると考えれば、それなりにやる気も湧いてくるでしょう。モチベーションの維持のために多少の贅沢はすべきです。楽しみの無い人生では働くのも嫌になってしまうでしょう。

【ピンサロ代を計算しておこう】

1年間でどれぐらいピンサロにお金を費やすことになるのか、何となくは把握する事ができるでしょうけど、ハッキリとした数字で理解しておくべきです。ここで重要なのが1年間で52週あるという事です。1週間に一度通うとして、それが52回繰り返される訳です。先程のプレイ料金で計算すると364000円となります。一括で支払うのは厳しいでしょうけど、週に一度7000円支払うと考えれば、大抵の男性にとってクリア可能な金額ではないかと思います。