ピンサロ店員に好かれるメリットは大きい

【可愛い女の子が付けられる】

電話予約をせずにピンサロに行くと、フリーのお客さんとして扱われます。何枚かの写真を見て女の子を選択する事もありますが、完全にお店側にお任せする事もあります。この時に、お店の店員さんに好かれていれば、人気の女の子を付けてくれる可能性が高くなります。また、このお客さんに来てもらいたいなと考えるわけですから、それも当然の成り行きです。しかし、嫌われていれば、それとは全く逆の状態になってしまうはずです。

二度と来ないで欲しいという思いから、全く人気の無い様な女の子が付けられてしまう訳です。店員さんに対して無愛想な態度を取ってしまいがちな男性客もいますが、そのまま女の子相手に同じことが行われてしまいがちなので、これをお店側としては警戒しています。不快なお客さんばかりが相手であれば、多くの女の子は早々に卒業してしまうでしょう。こちらは選ぶ立場ですが、それと同時に選ばれる立場でもあるという事を認識しておいてください。

【好かれるための具体的な方法】

では、どうすればピンサロ店員に好かれるかですが、大前提として敬語で喋るというのは大切です。見ず知らずの人と初対面な訳ですから、ですます口調で喋るようにしてください。いわゆるタメ口で喋ってしまうと、それだけで嫌われてしまいます。人間は内面が大切だから、俺の中身を見て欲しいなどと考えるかも知れません。しかし、中身が分かるほど長時間やりとりを続けるわけではありません。表面的に見てどうなのかという事が重要になってきます。

喋り方以外には、見た目もそれなりに重要です。女の子の方が男性の外見に敏感だったりします。自分はお客さんな訳だから、女の子は受け入れるべきというのは1つの考え方としてあります。しかし、やはり同じ人間ですから、できるだけまともな格好をして欲しいとか、清潔でいてもらいたいと考えるものです。それにこちら側が合わせる様にしてください。それ相応の事をしておけば、女の子側の印象もそれなりに良くなるはずです。

【人によって態度を変えない様にする】

処世術の1つとして、人によって対応を変えるというのはありますが、そうする事によって、人によって態度を変える人間であるという噂が広まってしまう事があります。ピンサロ店の人間関係はとても小さい物ですから、悪評が知れ渡るまでに時間は掛かりません。店員さんに対して紳士的な態度を取るのはもちろん、女の子にも同じように接してください。ただし、仲が深まってきたらかしこまる必要はありません。友人の様に接しても特に問題は無いでしょう。