パネマジのピンサロ嬢を指名しない様にするには?

【対面して驚いてしまう】

写真を見た限りでは可愛かったのに、いざ対面してみると、酷い容姿の女の子だったなんて事はピンサロではよくあります。写真を実物より過度によく見せる行為を一般的にパネマジと呼んでいます。お客さん側からすれば騙されたと言っても過言ではないですが、お店及び女の子側としては、どんな形であれ収入増に結びつく訳で、程度の差こそあっても、それなりのお店がパネマジを行っていると考えていいでしょう。

昔から、その様な行為は行われていました。しかし、ここ20年くらいの間で、それが更に進んだ感があります。そうなった理由は、やはりパソコンによって、デジタルカメラで撮影した画像を簡単に加工する事ができる様になったからです。細い目を大きくする事もできますし、樽のように太いお腹をクビレさせる事も可能です。そういった加工が技術的に可能であるというのを前提として、女の子の写真を見比べるのが重要になってきます。

【写真の違和感に着目する】

簡単に加工する事ができるのは確かですが、その様にした写真というのは、どうしても違和感を感じさせるものになってしまいがちです。一瞬見ただけではそう感じなくても、凝視する事によって見えてくるものが存在しています。全体を俯瞰で見てみたり、パーツに寄って見るなどしてみてください。そうする事によってCGで加工したのではないかという事が何となく分かってきます。

【お店の方針によっても異なる】

ピンサロ嬢が、まるで別人の様になってしまっている店舗がある一方で、殆んど実物と変わらない様な写真を提示してくれているピンサロ店も存在しています。こういった良心的なお店を利用するのが大切になってきます。見抜くポイントは沢山ありますが、可愛い女の子ばかりのお店というのは要注意でしょう。求人広告による女の子の獲得が盛んに行われているこの業界で、集中して美人ばかりを集めるというのは極めて難しい事だからです。

逆に、美人の割合が在籍している女の子全体から見て1割とか、その程度であればパネマジのリスクは極めて少ないという事になります。そういった点を意識して頂くのがいいと思うのですが、実際の所、指名して面と向かって見なければ、どうなっているか分からないのが実態です。クジ引きの様な感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか?ハズレを引いてしまう可能性もありますが、当たりもありますので、粘り強く指名し続けてみてください。ほんの少し意識して写真を見るだけで、可愛い女の子と遊べる確率は高くなります。