ピンサロの指名で迷ったら直感で選んでもいい

【自分の直感は侮れない】

前もってピンサロ店の公式サイトで女の子を選んでいる場合は迷わなくて済みますけど、とりあえずお店まで行ってみようという場合は状況がかなり異なってきます。写真指名をする事になりますので、何枚かは分りませんが、その時に出勤していて接客ができる女の子の写真を見せられる事になります。とりあえず容姿がどんな感じなのか確認をして、その後に3サイズ等細かい部分を見て行く事になりますけど、それでも迷ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

この場合ですけど、自分の直感を信じるという事が肝心です。そう言うと、何となくくじ引きでくじを引くようないい加減さを感じてしまったかも知れません。ただ、ここでの直感というのはそういう意味ではありません。これまでの人生経験から、その写真から漂ってくる本人の本当の姿を何となくではあるものの想像する事ができている物なのです。ですから、迷ったのなら、その『何となく』という気持ちを尊重してあげる様にしてください。

【実際は何を見ているのか?】

何となくの部分を詳細に見て行くと、女の子を直感で選ぶ行為が侮れないと理解できます。モザイクでよく分からないなんて事もある訳ですが、実は薄っすら見える表情であるとかパーツの位置等をしっかりと認識しているのです。笑っているのか無表情なのかもそれなりに分かります。そうすると何となくこんな感じだろうと、頭の中で女の子の姿が浮かび上がります。

それ以外にも情報は沢山存在しています。ピンサロ嬢がどんなポーズをしているのかも見逃すことはできません。キレイな女の子はポーズを作るのがとても上手なのです。自分がキレイに見える見せ方を知っていると言えば理解できるでしょうか?ですから、そういった部分も見ていただきたいです。ポーズは写真撮影時にカメラマンから指定されているだけという事もありますが、女の子のアドリブに任せている事もありますので、もし後者であれば相当美しいだろうと予測されるのです。

【予想がハズレたら次に活かす】

直感に任せる形でピンサロの女の子を選んでみたものの、どうも事前のイメージと違っていたという事もあります。どこがどう違っていたかを検証する様にしてください。そうする事によって、次回以降の女の子選びに役に立ちます。もっと目が大きいと思っていたのに実際はそうではなかったとか、何であっても構いません。反省をしないことには次に役立てることができません。こういった反省ができる様であれば、更に直感の精度を高めることができるでしょう。