ピンサロ嬢に嫌われればサービスの質は低下します

【好き嫌いが接客に反映される】

どんなお客さんであったとしても、お金を支払っている以上、神様の様に扱わなくてはいけないというスタンスの接客業も存在してはいますが、ピンサロに関しては少し様相が異なっています。女の子に好かれているのか、それとも嫌われているのかによって、受けるサービス内容の質が変わってくるのです。好かれていれば当然ながら良い接客をされる事になりますが、嫌われていれば並み以下のサービスしか受ける事ができない事態になってしまいます。

【服を脱がないまま接客】

よくあるのは、スカートを穿いたままでの接客です。一応お店の方で、この様に接客しましょうという講習は受けているはずなのですが、実際の所ピンサロでは個人の裁量が大きくなっています。ですから、個人的に気に入らないなと思うお客さんがいたとすれば、服を脱がないで対応するなんて事もあり得ます。これが法律違反にあたるかどうかですが、特にはならないでしょう。そもそも法律的にピンサロは飲食店に分類されているからです。

【好かれるためにすべき事は?】

こういった問題についてですが、女の子に好かれてさえいれば全て回避する事ができますので、その方法を知っておくのが大切です。まず、できるだけ愛想良く対応するという事を意識しておきましょう。できれば笑顔である事が望ましいです。それか難しいのであれば、会話だけはしておきましょう。無口ですと、それだけで不信感が増してしまいますので、嫌われてしまう原因の1つになってしまいます。

もう1つは、体臭に注意しておくという事でしょう。自分自身では感じないニオイであったとしても、相手は敏感に感じ取ったりします。これに対しては過剰になるくらいで丁度良いです。入浴をできれば当日に済ませておく様にしてください。前日ですと、それなりに時間が空いてしまいますから、効果も半減してしまいます。やるだけやっておいてもダメだったなんて事もあるでしょうけど、何もしないのに比べれば遥かに効果が期待できますので、是非やっておいてください。

【客に気を使わせないのがプロ】

ここまでお客さん側がピンサロ嬢に気を遣わなくてはいけないというのは、何となく不思議な物です。実際の所、本当にプロフェッショナルと言えるような女の子であれば、そんな事をしなくても神対応をしてくれるものです。なので、ここで説明した内容を守る必要は実はありません。多くの女性に好かれたいのであればともかく、極僅かなお気に入りの女の子に接客してもらえれば十分と考えるなら、自分の好きな様に振る舞うのがオススメになります。