時間帯によってピンサロで働く女の子は変わる

【昼間は主婦層が多い】

営業時間が昼前から深夜までと長いのがピンサロですので、そこで働いている女の子たちの立場というのも本当に様々です。特に、昼頃に多いのが主婦層になります。旦那さんがいるのであれば、夕方くらいまではある程度自由な時間がありますので、それを活用しているという事になる訳です。ただし、主婦ばかりではなくて、ピンサロで働いてお金を稼ぎたい独身の女性たちも多く存在しています。

ちなみに、昼間の時間帯の事を昼番と呼んでいるお店が多いです。法律で明確に何時から何時までと決められているという訳ではなく、それぞれの店舗によってその時間帯には違いがあります。一例を示すと、午前10時~午後4時までが昼番といった具合です。夕方くらいになると、旦那さんであるとか子供が帰宅をする時間帯になりますので、その前までにピンサロでの勤務を終えて帰宅するという形が多くなっています。

【夜番は学生やOLが多くなる】

昼番が終わった後ですが、夜番で働く女の子たちの登場になります。先程は主婦層がメインでしたが、ここからは大学生であるとか、仕事帰りのOLの割合がぐんと増えてきます。丁度一般のサラリーマン達の帰宅時間とも重なりますので、店がもっとも活気づく時間帯という事になるでしょう。営業は夜の12時まで続きますが、実際は10時くらいまでがピークで、それ以降は客足の方も落ち着いてくるという感じです。

皆さんとしても、女の子の立場の好み等があるでしょうから、それに応じて時間帯を選ぶ様にしてください。ただし、これらについてはあくまでも傾向でしかありません。夜番で働いている主婦の人もいれば、昼番で働いている女子大生も存在しています。誰がいつ働いているかについては、サイト上で確認する事ができますから、それを見ておきましょう。

【それぞれの違いを楽しもう】

大抵のお客さんは、昼なら昼、夜なら夜といった具合に、遊びに行く時間帯がある程度決まっています。しかし、この様な出勤時間帯によるピンサロ嬢の違いというのが実際に存在していますから、特定の時間帯にばかり遊びに行くというのはあまり感心しません。普段夜ばかりという感じであれば、たまには昼間に通ってみてはいかがでしょうか?普段とは随分女の子の雰囲気が違うなと感じられるはずです。昼間にピンサロ店に通うのは目立つのでは?と心配されるかも知れませんけど、特にそういう事もありません。風俗街にあるお店に誰が出入りしているか、気にしている住民は殆ど存在しないからです。自意識過剰にならない様にするのもピンサロを満喫する上で大切になります。