気に入ったピンサロ嬢がいなかった場合は…

【そのまま帰っても構わない】

お店の中に入ると女の子の写真を何枚か店員さんから見せられる事になります。誰でも良いから抜いてもらいたいと考えているお客さんなら、その中から選択する事になるでしょうけど、それなりのこだわりを持っているお客さんの場合は簡単に選ぶ事ができません。どうしても気に入ったピンサロ嬢がいなかった場合ですけど、その時は利用を止めておくという決断もアリです。お店側としても、それを引き止める権利は持っていません。

入店したからには指名しなくてはいけないと思い込んでいる男性が多いです。でも、それではお金が無駄になってしまいます。有り余るくらいの預金残高があるならそんな楽しみ方をしてもいいでしょうけど、大抵のお客さんはそうではないでしょう。しっかり女の子を選んだ上で指名をするという段階を経ていただきたいです。店員さんに対してお断りをするのはどうも…と感じてしまうかも知れませんが、相手側は慣れているので気にする事は無いでしょう。

【少し待ってみてもいい】

案内できるピンサロ嬢ですが、時間帯によって変わってきます。皆さんが最初に見た写真は、今の時点で直ぐに案内できる女の子ですから、そこで満足できない場合は30分なり1時間、場合によってはそれ以上待ってみるなんていうのもアリです。待合室が狭いお店の場合は迷惑が掛かってしまいますけど、それなりに広いのなら、お店側としても嫌な顔はしません。女の子がお店に到着次第、店員さんがアルバムを持って聞きに来てくれる事でしょう。

これのデメリットとしては、時間を掛けてしまう分だけ指名しなくてはいけないというプレッシャーが強くなってしまう所です。それなりの時間待ったのに、そのまま帰ってしまうという様では、お店側としても嫌な気分になってしまいます。皆さんもここまで粘ったのですから、十分満足ではなくても指名してあげる様にしてください。もちろん義務ではありませんが、お店との関係を悪化させないためですから、指名する価値は十分にあります。

【何時まで粘るか決めておく】

何時にピンサロ店に訪れたかにもよりますが、さすがに閉店まで待っているという訳にはいきません。そんな事をすればお店にも迷惑が掛かってしまうからです。なので、何時間まで待つかという事を最初の段階で決めておきましょう。1時間待ってみて変化がないのなら、そこで諦めて女の子を指名する様にするといった具合です。次の時間帯の女の子の方が可愛いかも…と期待するのは分かりますが、どこかで線引きをしておかなくてはいけないのも1つの事実です。