手話ができるピンサロ嬢はいますか?

【人数的には少ないものの…】

何らかの事情があって言葉を発することができない方もいらっしゃいます。そういう人たちはピンサロの利用を諦めなくてはいけないのかと考えてしまいがちですが、場合によっては問題ないこともあります。例えば手話を理解する事ができるのであれば、意思の疎通がしやすくなるはずです。もちろん、そこで働いている女の子が手話を習得していなくてはいけません。そういった女の子がどれぐらいいるかですか、人数的には少ないと言わざるを得ません。

しかし、いないという事は無いです。大学などでも手話サークルが活発に活動しています。人助けとかボランティアをやりたいという人達は年々増えてきていて、そういった人たちが参加している事が多いです。当然その中にはピンサロで働いている女の子もいます。周りの人達には秘密にして勉強しているという感じです。なので、手話ができる女の子がいるかどうか、お店に問い合わせてみてください。この子ならできますよという返信をもらえる可能性はそれなりに高いです。

【手話が無理なら筆談をしてもいい】

女の子が手話をできたとしても、皆さん自身がそれを理解する能力がなければどうしようもありません。その場合は別の方法でやりとりをしなくてはいけません。代表的な物としては筆談が挙げられるでしょう。紙に文字で書き合う形になります。これができれば手話なんかできなくても良いのでは?という人もいるかも知れませんけど、デメリットはやはり時間が掛かってしまうという点です。プレイ時間が短めのピンサロでは、これが大きなハンデになります。

【やりとりを最小限にする】

手話であれ筆談であれ、話ができるに越した事はありません。ですが、ピンサロは元々性的なサービスを提供するお店ですから、会話の事ばかり気にするというのはナンセンスです。実際の接客においてもマニュアルがあって、それに従って進められて行きますので、会話ができなくても楽しむ事自体は可能です。一応挨拶くらいはしておいた方がいいですが、それ以外については全て相手にリードしてもらうという形でも問題は無いでしょう。

とは言え、自分が声を発することができないという事くらいは伝えておいた方が良いです。これは本人から直接というよりも、店員さんにお願いしておくといいでしょう。プレイが始まる前の段階で伝えておけば女の子側としてもやりやすくなります。全くそういう事をせずにいきなり対面すると、自分がどんな人物であるかを理解してもらうために幾らか時間が掛かってしまいます。貴重なプレイ時間を無駄にしない様にしてください。