性病が怖いのでピンサロにゴムを持って行っていいですか?

【コンドーム持参は可能です】

ピンサロに行く時に気になってしまうのは、お金が必要になってしまうという事と、何らかの性病に感染してしまうリスクです。お金については支払いの際に失ってしまうだけですが、性病になってしまえば、今後しばらくの間は治療に専念しなくてはいけないので大変です。そこで、それに備えてゴム(コンドーム)を持って行って、それを使う事ができないだろうかと考えた方もいらっしゃるでしょう。

この様な対策についてですが、特に問題はありません。女の子とプレイをする前の段階で、ゴムを使いたいという事を伝えておいてください。何も言わずにやると、何をしているのかな?という事で疑われてしまう可能性が高くなります。お店側がゴムを用意をしてくれる事は基本的には無いと考えてください。コンドームの値段ですが、そこまで高いという訳ではありません。一枚あたり100円もしなかったりしますので、負担も少なくて済むはずです。

【ゴム着はかなり珍しいお客さん】

安全のためという理由で、コンドームを着けるお客さんの割合はとても少ないです。ピンサロではいわゆる生フェラができますので、それを自ら辞退したような格好になります。ただ、お客さんはもちろんですけど、女の子にとっても性病感染のリスクが下がりますので、そういう意味では喜ばれる可能性の方が高いでしょう。1回の射精で終わるのであれば持ち込むコンドームの数も1つで良いのですが、複数回楽しむのであれば多めに持って行っておく必要があります。

この際ですが、コンドームに傷がつかない様に注意をしておきましょう。もし、傷がついた部分が広がって、そこから精液が漏れ出てしまうという事態になると元も子もありません。コンドームの素材自体はそれなりに頑丈ですが、1ミリもしない様な薄さの物ですので、あっけなく破れてしまう事もあります。装着時に違和感がないかどうか確認しておきましょう。先端に空気が溜まらない様にする事によって、より強い装着感を得ることができます。

【使用後は直ぐに外しておきましょう】

コンドームを着けた状態でピンサロ嬢と楽しんだ後ですが、早い段階でコンドームをペニスから外しておいてください。少しずつ根元の方に精液が伝わってきて、そこから出てきてしまう事も稀にあるからです。2回戦をするのであれば、ペニスを拭いてから新しいコンドームを着ける様にしてください。その辺りがいい加減になってしまうと、新しいコンドームを使う意味自体がなくなってしまいます。対策をするからには徹底的にやるという事を意識しておいてください。