ピンサロで絶対にしてはいけないこと2つ!

【乱暴なプレイはしない】

いくらピンサロ料金支払ったからといっても、女性を思いやる気持ちを忘れてはピンサロで満足して遊ぶことは絶対にできません。稀にピンサロ料金が安い=安い女だから何をしてもいいとピンサロ嬢に対して誤った認識をしている方もいます。

もちろん商品を買った人にはその物の所有権が買った側に移ります。ですが、いくら料金を支払ったとはいえ、ピンサロ嬢はあくまでもレンタルで男性客に所有権が移った訳ではありません。借りた物は傷つけずに現状維持で返却するのが世の中のルールでもあります。

そしてまた女性の身体はとてもデリケートです。少しでも乱暴にすれば傷がついてしまいます。もし傷がつけばその日に働くことができなくなってしまいますし、傷口から病気感染してしまうなどの原因にもなりかねません。

ですから、来店前には必ず爪は切っておきましょう。そして愛撫時は優しく丁寧に扱うことを心掛けてください。あまりにも愛撫が乱暴な場合は、最悪出禁にもなりかねません。ピンサロ嬢とはいえ、相手は女性です。お互いが楽しく・気持ちよく遊ぶことができれば、プレイ内容の質も変わってくるものです。

【本番交渉・強要】

ピンサロはソープとは違いヘルスサービスがメインの風俗です。もちろんお店のルールとしても本番行為は禁止されており、見て見ぬフリが多い他の風俗に比べてかなり厳しくなっています。

というのも、昔と比べて風営法が厳しくなった現在ではピンサロの開業自体が難しくなっているのが現状です。そういった現状の中、店舗型であるピンサロで本番行為が発覚すれば、即営業停止命令が言い渡され大変な事態となってしまいます。

新規開業が難しいということで今ままでのように名前を変えて再び営業とはいかなくなった現在では、本番禁止ルールを守るという男性客側の協力も必要となるのです。これは利用しているピンサロ店がなくならない為にも、ピンサロ業界を守るためにあるルールという事を忘れてはいけません。

そしてまた個室空間でプレイする他の風俗とは違い、店員が常時見回りをしてチェックしてます。その為、いくら隠れて本番・本番交渉をしていてもすぐにバレやすくなっているのもまたピンサロなのです。

ですから、例え本番をしていなくても本番交渉が発覚しただけで、その時点で即プレイ終了。もちろんプレイ料金の返金はなしでお店によっては出禁にされてしまいます。ピンサロで楽しく遊ぶ為にも、絶対に本番交渉・強要はしないようルールを守って遊びましょう。