ネットにオキニのピンサロ嬢の話しを書くべきでない

【徹底してオキニ隠しすべき】

これぞと言えるようなオキニのピンサロ嬢が見つかったら、それを多くの男性に知ってもらいたいと考える男性もいるかも知れません。アイドルを応援するオタクの男性が、ネットにその子の情報を書き込むような感覚です。気持ち的には分かりますけど、これは他のお客さんからも敬遠される行為です。これをする事によって不特定多数の男性の目についてしまいますから、どうも可愛い女の子がいるらしいという情報が広まってしまいます。

そうなると、予約が取れなくなってしまうのです。これはもう絶対と言ってもいいでしょう。そういった事態にならない様に、大抵のお客さんはオキニ隠しに励んでいます。やり方は簡単で、ネットに情報を書き込まない様にするというただそれだけです。不自然な程に黙り込んでいるので逆に目立ってしまう程です。人気がありそうなのに何故か触れられていないのであれば、それはオキニ隠しの可能性が高いと考えて頂いていいでしょう。

【新規のお客さんは迷惑になる】

沢山のお客さんがそのピンサロ嬢を指名する様になれば、それだけ手取りも増えるわけで、少なくとも女の子個人にとっては大きなプラスになるのではと考えるお客さんもいます。だからこそ、ネットで拡散してあげようと考えるのですけど、意外と新規のお客さんは女の子たちに歓迎されません。なぜなら、どんな性格で信頼できる相手なのかどうか、それを理解するために時間が掛かってしまうからです。

女の子の本音を言うと、自分のよく知っている常連さんだけを相手にしたいといった所です。どんな人なのかも分かっていますし、友達とまでは言えないにしてもそれに近い関係ですから、接客がとてもやり易いのです。ですから、ネットでの宣伝は女の子本人にとって単なるおせっかいになってしまいがちです。良かれと思ってやった行為が迷惑にしかなっていないとすれば、それをやるメリットは無いに等しいという事になります。

【接客に疲れて卒業してしまう】

初対面のお客さんが増えることによって、女の子が接客に疲れてしまうという事態が予測されます。それなりにお金を稼いでいるピンサロの女の子たちですから、もうこれ以上無理するのは嫌だという理由で卒業してしまうケースも少なからずあります。こうなってしまっては自分自身がいい思いをできなくなってしまいます。他のお客さんの事は考えず、自分自身がどうすれば気持ち良くなれるか、それについて考えを深めるようにしてください。