ピンサロで裏引きしたら法律で罰せられる?

【内規では禁止になっている裏引き】

お客さんがピンサロで支払ったプレイ料金の内、女の子の手元に届くのはその半分か、それに満たない額になります。半分くらいがお店側の取り分になる仕組みになっているというのは、お客さん側からすると意外に感じられたでしょうか?そこで、お店ではない場所で個人的に女の子と金銭の交渉をすれば安く済むのでは?という考え方が生まれます。実はこれには名前があって、業界用語で裏引きなんて呼ばれています。

お店の監視の目が届かない場所で、女の子を引っ張るようなイメージから来ているのでしょうけど、確かにそれをする事によって、お店で支払う金額よりも割安で楽しむ事ができます。しかし、これはお店のルールで禁止されているのが普通です。それを許してしまえば、大幅に利益が減少してしまうのはお分かりでしょう。経営上の死活問題と言っても過言ではないので、お店側としてもどうにかして裏引きを阻止したいと考えています。

【裏引きは法律的には合法】

ピンサロ店の内規で禁止になっている裏引きですけど、法律的に見ると何ら問題ではないというのが実態です。18歳を超えている女の子にお金を渡して、合意の上で性的な行為をする事は法的に問題が無いと考えられています。また、それをお店に内緒で行ったとしても罰せられるなんて事はありません。ですので、自分が刑務所に行かないといけないとか、そういう事を心配する必要はありません。ただ、それとは別の問題が生じるので、それは理解しておくべきです。

【全ての交渉を自分たちが行う必要がある】

プレイに至るお膳立ては、これまで全てお店側がしてくれていました。プレイ料金がいくらだとか、その時間がどれぐらいの長さかとか色々ある訳ですけど、これらの交渉をこれからは自分たちで行わなくてはいけません。女の子側がこれぐらいの金額でどう?と聞いてくるので、それに対して高いとか安いとか色々な事を言わなくてはいけません。お互い納得いく金額が提示できればいいですが、そう上手くいかないなんて事もあるでしょう。

場所にしても、ピンサロ店を利用する事ができませんから、自然とラブホテルという事になります。密室の中ですので、予定になかった行為を男性客側がしてくるなんて事もあり得ます。デリヘルであれば車で女の子がやって来ますので、その運転手が店員さんの代わりの様な存在ですが、裏引きの場合だと全くの一個人として対処しなくてはいけないので女の子側のリスクも高くなってしまいます。安さには相応のリスクがあると覚えておいてください。