身体障害者でもピンサロは利用できますか?

【お店の建物の構造にもよる】

女の子が接客できるかどうかという話以前に、ピンサロ店内に入ることができるかどうかの問題があります。例えば、入口が狭くて車椅子に乗ったままでは入ることができないとなれば、相当厳しい状況になってしまうでしょう。その部分がそれなりに幅広であればともかく、狭いエレベーターに乗っていかなくてはいけない場合もありますので、その時は最初の段階で諦めざるを得なくなってしまいます。

とりあえず店内に入ることができたとしても、その後に段差があればそこを乗り越える時に大変になってしまいます。どういった構造になっているかについて、サイト上に記載されているという事はまずありませんから、お店に直接問い合わせをしなくてはいけません。電話またはメールでという事になるでしょう。「車椅子ですけど、お店の中に入ることはできますか?」と尋ねてみてください。老舗のお店が多いので、そういったバリアフリー対策が十分ではないことが少なくありません。

【身体障害者ならまず大丈夫】

建物自体に問題が無かったとして、肝心なのはピンサロ嬢が接客する事ができるかどうかですが、身体障害者であればまず大丈夫でしょう。最近の若い女の子たちというのはボランティア精神というか、弱者に対する思いやりが強いですから、普通に接してくれる事が大半です。やっておくべき事としては陰部を清潔に保っておく位でしょう。洗うのも一苦労かも知れませんが、できるだけ自宅にいる時にキレイにしておいてください。

どうなるか何とも言えないのが、いわゆる精神障害者の方々です。これは本当に程度によるという事になるでしょう。他のお客さんの迷惑にならないなら普通に接客の対象になりますが、奇声を発する等する場合は、お断りという形になってしまう可能性もあります。この辺りは、お店側の判断次第になってしまうでしょう。何れにしても、お店に確認しない事には詳細が分かりません。本人を見てから判断するという事もありますので、とりあえずお店に行ってみてもいいでしょう。

【十分な説明をしておきましょう】

自分がどんな障害を持っているのかなど、細かく説明しておくのが基本です。相手は全く知識がないかも知れない訳ですから、こちら側が一方的に主張しても聞き入れてもらえない場合があります。理解してもらうために時間を掛けておきましょう。もし、そこでぞんざいな扱いを受けたのなら、それまでの関係だと思って諦めてください。店員さんによって、どうなるかの結果は大きく変わります。ただ、全体的に見れば受け入れてくれるピンサロ店が大半ですのでご安心ください。