接客後に手渡されるピンサロ嬢からの名刺

【どんなメッセージが書かれているか】

女の子と対面した瞬間に名刺を手渡される事もあるのですけど、大抵の場合、接客が終わる直前にメッセージが書き込まれて、それを受け取るという形が多いです。この名刺ですが、女の子の名前ですとか出勤時間等、基本的な情報が書かれているだけでなく、メッセージを書き込む欄があります。ここにどんな内容が書かれているかに注目しておくと、自分がどれぐらいピンサロ嬢から好感を持たれているかという事が分かります。

よくあるのは当たり障りの無い内容です。よくあるのは「今日は来てくれてありがとうございました。また今度も指名してくださいね。」といった感じです。これが基本の形、テンプレートの様な物で誰でも受け取った事があるかと思うのですが、もう少し親しくなると書かれている内容が変化してきます。その日話した内容であるとか、当事者間でしか理解する事ができない内容になってくるのです。この様になると、それなりに興味関心を持ってくれているという証拠ですので、なるべく早くこの段階に持って行くようにしましょう。

【嫌われていると名刺は渡されない】

名刺を渡すという行為は、ピンサロ嬢にとって宣伝活動でもあります。ですので、基本的にはお客さんに渡す形になるのですけど、今後来てくれそうもない様なお客さんだったり、嫌いなお客さんに対しては手渡さない事が多いです。プレイ時の会話が弾まなかったりすると、この様になってしまいがちですので注意しましょう。もし、自分的には好感を持っていて、相手が渡してくれなかった場合は自分から欲しいとお願いしておくのが大切です。

【手書きならではの良さがある】

今はネットが普及しているので、そちらの方でも女の子とコミュニケーションを図れます。今日のプレイの感想等のやりとりはネットで十分に可能です。名刺の場合書き込むスペースが少ないですし、書き込む時間も限定されますので、情報量的には決して多いとは言えません。そうなると意味がないかの様に感じられるかも知れませんけど、そうではないです。名刺とネットの決定的な違いは手書きであるかどうかです。

有名人がサイン会を開くと多くの人が訪れます。それだけ本人の直筆は重要なものなのです。ピンサロ嬢は有名人ではありませんが、毎回名刺が欲しいと言っておけば、それだけで喜んでくれるでしょう。それを楽しみにしているとか、それぐらいの事を言ったって構いません。お客さんの多くは女の子に対して好意を示そうとはしません。恥ずかしいからというのがその理由ですが、それでは相手からも好かれにくくなってしまいます。ピンサロに行った際は必ず名刺を求める様にしてください。

関連記事

NO IMAGE

ピンサロにも種類があります

新宿ピンサロとエロエロ体験

NO IMAGE

ピンサロで裏引きしたら法律で罰せられる?

NO IMAGE

ホストに貢いでいるピンサロ嬢は多い!

NO IMAGE

迷ったら店長オススメのピンサロ嬢を指名しよう

NO IMAGE

ピンサロの営業時間は?