ピンサロのパネマジには気を付けましょう

もしアナタがピンサロで遊んだことがあるのならば「写真と実物が全然違うじゃん!」
なんてことを経験したことはありませんか?

これは、ピンサロで遊ぶ上で必ずと言っていいほど、通る道と言われる「パネルマジック」略して「パネマジ」というものです。

遊ぶ側は、もちろん「綺麗な嬢」「可愛い嬢」と遊びたいというのが常識ですよね?
でも、ピンサロ嬢が全員「綺麗で可愛い」わけでありません。
普通に「ブサイク」な嬢もいます。

でも「ブサイク」なピンサロ嬢は、やはり需要がなく、なかなか客を捕まえることができません。
これは、ピンサロ嬢もそうですが、店舗側の売り上げにも影響が出てきてしまいます。

そこで、ピンサロ店は、努力をするわけです。
「修正」という手法を使って…。

今や、パソコンがあれば簡単に写真の修正をすることができます。
例えば…。
「ウエストを細くしたり」
「足や腕を細くしたり」
「顔の輪郭を削ってみたり」

と、様々な手法を使って写真を修整します。
その結果「写真と実物が全然違うじゃん!」「ていうか、別人じゃん!」ってことが起こってしまうわけですね。

【じゃぁどうしたらパネマジを避けられるの?】

修正された、顔や体…。
じゃぁ、どうやってパネマジを回避できるの?

それは…。

「写メ日記を見る」です!!
ピンサロ店の多くは、各のホームページに「写メ日記」というピンサロ嬢の日記を設けています。
そこには。各ピンサロ嬢の「今日はどこどこに行ってきた」「今日来てくれた○○さん、ありがとう!また来てね」などの他に、自身のスマートフォンで自撮りした「写メ」を載せていたりするのです。

「ん?同じ写真じゃん!」って思うかもしれませんが、全然違います!

この「写メ」の写真は普通にピンサロ嬢自身のスマートフォンで撮影されているので「修正がされていない」のです!

ということは!?

かなりリアルな嬢の姿を確認することができる!!

意外に「在籍一覧」の写真よりも「写メ日記」から探したほうがいいのかもしれないですよ!

【ピンサロ嬢の写真は顔が写っていないことが多い】

ピンサロ店のホームページに載っている嬢の写真の多くは顔が写っていない」「モザイクがかかっている」ことの方が多いです。
もちろん、写メ日記も同じです。

中でも、激安店からスタンダートな料金の店舗だと、かなりの確率で顔を見ることができないでしょう。
わりと高めな料金設定の店舗だと、たまに「おっ!顔が載ってるじゃん!」なんてことがあります。
ですが、ごくまれです。

ピンサロ店は基本的に「スタイル」「雰囲気」などで確認するしかないということを頭に入れておきましょう。

【1番いいのは可愛い子の名前を覚えておくこと】

例えば、フリー指名で入って、たまたま「めちゃくちゃ可愛い」なんて子に当たったとしましょう。
そうしたら、プレイ前でも帰り際でもいいです。
「その嬢の名前を聞いておきましょう」
嬢によっては最後に名刺を渡してくれることもありますが「名刺持ってくるの忘れちゃった」なんてドジな嬢もいるので、名前はしっかり聞いて覚えておきましょう。

そうすれば、次回もその嬢を指名すればまた遊ぶことができます。
これが1番、可愛い子と遊ぶ方法です。

関連記事

NO IMAGE

歳をサバ読みしているピンサロ嬢は少なくない

NO IMAGE

ピンサロ利用者の性病リスク

NO IMAGE

ピンサロ店の常連客になれば優遇されます

NO IMAGE

ピンサロ嬢の喉の奥にペニスを突っ込んでもいい

NO IMAGE

ピンサロに頻繁に通いたければ宝くじを買おう!

NO IMAGE

ピンクサロンで3Pは可能なのでしょうか?