ピンサロ利用者の性病リスク

【ピンサロだから性病にかかる訳ではない】

ピンサロを低価格で楽しめる理由に、一般的な風俗にはない短時間のコースやプレイする環境、事前準備を省いたプレイ内容とこれらが主な要因です。中でも、男性客の足がピンサロへと遠退く最大の理由が性器をおしぼりで拭くのみと簡易な事前準備にあります。

もちろん誰だって性病にはなりたくありません。そしてまた、この行為こそがネットなどでも「最も不衛生で危険な風俗」と言われる原因でもあります。ですが、実はシャワーを浴びない=性病にかかる訳ではないのです。

確かに一般的な風俗では、シャワーを浴びイソジンやグリンスで殺菌消毒をしてからプレイに挑みます。この時、性病保菌者は性器に激しい痛みが走り、性病の有無を確認できると言われています。しかし、実はこれは真相は定かではなくウワサにしか過ぎません。その為、性病リスクにシャワーの有無は関係ないのです。

もちろん殺菌消毒で自衛を行っている一般的な風俗に比べると、リスクが上がるのは事実でしょう。しかしまた、性病保菌者とプレイをしたからと言っても絶対にかかる訳ではないのも事実です。ですから、性病に感染する・しないは誰にも分りませんし、ピンサロに限らずともヘルス・ソープなど、かかる時はかかるし、かからない時はかからない。

だからこそ、シャワーを浴びてないピンサロ=性病にかかるのではなく、どの風俗ジャンルに関わらず利用全員に性病のリスクがあると言えます。

【性病と上手く付き合う】

ピンサロに限らず風俗を利用する人にとって気をつけたいのも性病ですが、どれだけ気をつけていても防ぎきれるとは限りませんし、利用者全員がかかる訳ではないのも性病です。しかし、いくら防ぎきれないとはいえ注意するに越したことはありません。ですから、風俗を利用する限り性病と上手く付き合う心構えもまた必要となります。

性病の感染ルートと言えば主に相手から貰います。だからこそ、防ぎきれないとはいえ自衛も必要となってくるのです。そこで自衛対策としてこれらがあります。

・手洗い、うがい
・不衛生な女性との過度なサービス
・体調が悪い時や寝不足で抵抗力が落ちている時は利用しない
・心構えをしておく

この中でも特に不衛生な女性とのプレイには要注意。プレイを拒んでしまうと女性を傷つける・勿体ない心が出てきます。しかし、性病にかかっては元も子もありません。ゴムを使用する、ハンドサービスをお願いする、自分は責めないなど自制も必要となります。 全ては自分のを守るため、性病感染を防ぐ為にも最低限の自衛をして遊びましょう。

関連記事

横浜ピンサロと様々な風俗業種

NO IMAGE

ブログを読めば、ある程度ピンサロ嬢の性格が分かる

NO IMAGE

他の風俗の仕事をしているピンサロ嬢もいるの?

NO IMAGE

ピンサロ嬢に褒めてもらって元気になろう!!

NO IMAGE

いわゆる富裕層のお客さんはピンサロに来るの?

NO IMAGE

ピンサロの花びら回転に行くべき人とは?