性病の心配をせずにピンサロを楽しむために

【風俗遊びは性病と隣り合わせ】

基本的に風俗では濃厚な接触が行われるため、性病感染のリスクが存在しています。クラミジアが比較的よく知られていますが、これらに感染するとしばらくのあいだ苦しむ羽目になってしまいます。痛みや痒みが生じた後に自然治癒するという事も多いですが、その様にならない事もありますので、その場合は病院で診察してもらう必要があります。継続して薬を飲んでいれば回復していくという事が多いです。

その他、特によく知られている性病の1つとしてエイズがありますが、実はこれはそれ程心配する必要はありません。同性愛の男性の性交渉(肛門性交)によって感染するリスクが高いとされているからです。ただ、男女間の感染が全くないという訳ではありません。そういった危険性が存在している事は知っておいてください。もっともエイズの原因になるHIVの感染確率は、他の性病に比べると圧倒的に小さいので、それ程心配する必要は無いでしょう。

【ピンサロではシャワーは浴びない】

他の風俗ジャンルと比較して、ピンサロの性病感染の危険性がどの程度存在しているかですが、やや高めという事になるでしょう。その理由は様々ありますが、ピンサロにはシャワーが無いというのも、その1つです。その代用として濡れたおしぼり(タオル、ウェットティッシュ含む)を使うのが普通です。それなりの除菌効果はありますが、ボディソープを使ってシャワーで流すのに比べれば劣るというのは言うまでもないでしょう。

【粘膜同士の接触を極力少なくする】

では、安全にピンサロを楽しむためにどうすればいいかですが、できるだけ粘膜同士の接触を避けるというのが基本です。性病感染は基本的に粘膜が触れ合うことによって起きますので、それをしない様にすればいい訳です。フェラチオではなく手コキを重点的にしてもらうというのも1つのやり方でしょう。もし、どうしてもフェラチオして欲しいと考えるのなら、コンドームを使うという選択肢もあります。お店側で用意してくれている事もありますが、持参して行った方が間違いありません。

女の子が嫌がるのでは?と思うかも知れませんが、むしろ相手側からしたら歓迎の流れでしょう。なぜなら、性病感染のリスクはピンサロで働いている女の子にも存在するからです。ゴムを着用する事によって感度が劣ってしまうのではという心配がありますけど、極めて薄く作られているので、いわゆる生フェラと遜色ありません。ピンサロの安さにばかり注目して、性病の危険性を軽視してしまうと良くないので気をつける様にしてください。

関連記事

NO IMAGE

店内のBGMの音量が大きいピンサロ

NO IMAGE

健康維持のためにピンサロを利用する!!

NO IMAGE

ピンサロにも種類があります

NO IMAGE

メルマガに登録するとお得にピンサロで遊べる

NO IMAGE

AVに登場するピンサロは現実と違っています!

NO IMAGE

ピンサロでの待ち時間がある場合の過ごし方