ピンサロの花びら回転に行くべき人とは?

【ピンサロの形態は主に4種類に分けられます】

女性を花に見立てて花びらが舞い散る様子が由来となった《花びら回転》このピンサロ業界でよく耳にする《はなびら回転》ですが、今までは回転だけを意味するものでした。しかし現代のピンサロ業界では回転コースの意味合いで使われており、その種類も様々です。

・一般的な回転式
・マンツーマン式
・コスパ重視の激安回転式
・多回転数式

このように《花びら回転》には、異なる種類のお店が存在します。

マンツーマンのピンサロの場合、イベントなどで回転を導入する場合もあります。しかし、これは基本的なコースではなく、時間を短縮して通常のマンツーマンの加算となる場合が多いのです。ですから、正式には《花びら回転》ではないということから、ダブルコース・トリプルコースと区別して呼ばれています。

現代のピンサロ業界では、一回の射精で満足を求めるマンツーマン式が主流です。その為、連続射精が可能な花びら回転式のピンサロはげ老退しつつあります。しかし、こういった状況にも関わらず、今もなお根強い人気の花びら回転式のピンサロ店は多く存在します。

【早漏・絶倫の人は花びら回転の方がお得に遊べる】

早漏・絶倫の方であれば、迷うことなく花びら回転式・多回転ピンサロがオススメです。

花びら回転式のピンサロの場合、時間内であれば何度も射精が可能なのが基本のルールです。ですから、早漏の方が悩みがちな「いつ射精するのか・早く射精してしまったらどうしよう」などの不安が解消されます。花びら回転では、女性が入れ替わり回転するので、
色々なピンサロ嬢とのプレイが可能です。その為、一度に沢山の満足度が味わえます。

そしてまた、ただでさえ格安なピンサロ料金が更にお得になる場合があるのも花びら回転式のピンサロです。その条件は連続射精。1回のプレイ料金につき、連射の数だけ1度の射精単価は下がります。ですから、花びら回転式のピンサロの場合、連射した方がお得に遊べるということです。

【こんな人はマンツーマン式を選ぼう】

花びら回転の唯一のデメリットと言えば、1人の女性あたりの時間が短いのでプレイが淡泊になりがちな所です。その時間も基本的に1人あたり15分~20分程度。多回転になればなるほど、その時間は短くなります。ですから、例え1度の射精でもいいからゆっくりプレイを楽しみたいという方はマンツーマンのピンサロへ行きましょう。

ピンサロの場合、一般的な風俗に比べてプレイ料金は格安です。例え連続射精できなくても損もないのがピンサロなのです。

関連記事

NO IMAGE

ピンサロ嬢の接客に不満があるならお店に報告しよう

大塚ピンサロとかわいい女の子

東京のピンサロとタイムスリップ

NO IMAGE

ロングなら焦らずにプレイできるピンサロ

NO IMAGE

ピンサロで射精してもいい回数は何回まで?

川崎ピンサロとお手軽な風俗